>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
訪問に感謝
20時ごろのニュースによると、ロンドン中心部の地下鉄やバスで同時多発テロとみられる爆発が起こり、多数の死傷者が出ているようです。ロンドンといえば、芝居好きにはなじみの街。私も観劇旅行で1週間ほど滞在したことがあり、この事件はショックです。自分も行ったことのある駅で爆発が起きたなんて。助け出された人の写真が痛々しい。

ブログを引っ越して2日目ですが、昨日は8人、今日は現在のところ9人の訪問数がありました。自分の分を除けば、それぞれ6人、7人程度でしょうか。元のアメーバblogが重くて見づらいところを、わざわざリンクをたどってこちらまで来てくださっていること、とてもありがたいです。訪問数は減ったけれど、だれかが読んでくれているというだけで、書き手は張り合いが出るものです。

次の観劇記は、「七月大歌舞伎 NINAGAWA 十二夜」 の予定。歌舞伎は超のつく初心者なので不安ですが、新鮮な発見ができますように。ところでこの舞台でも、イヤホンガイドはあるのかな。このガイド、解説そのものだけでなく、しゃべりもちょっと面白くて好きなんです。おじさんの声で、今どきの言葉も交えながら「なんとかして歌舞伎の面白さを分かってもらおう!」と張り切っている様子が、なんだかほのぼの…・。
[PR]
# by redandblackextra | 2005-07-07 21:33 | そのほか
7月はこんな舞台を観る予定
◎七月大歌舞伎 NINAGAWA 十二夜

シェイクスピア×歌舞伎×蜷川演出のコラボレーション。興味津々でチケットを求めました。役者さんのことは、ほとんど知識がありません。まっさらな状態で観てきます。なおこの歌舞伎版では、登場人物名が置き換えられています。オリヴィア→琵琶姫、セバスチャン→斯波主膳之助、オーシーノー公爵→大篠左大臣 など。おもしろーい。誰がどんな基準で漢字を当てたの?

◎LAST SHOW

永作博美、風間杜夫、古田新太(以上敬称略)など、ぜいたくな出演者の演技をパルコ劇場という狭い空間で味わえるのは、楽しみ。なんせ前方通路側席がとれたし!長塚圭史作品に接するのは初めてなので、期待してます。

舞台稽古の記事がありました。写真がいっぱいでうれしい。これで予習していこう。
niftyシアターフォーラム
→記事タイトル「風間杜夫×永作博美×古田新太 長塚圭史作・演出『LAST SHOW』舞台稽古 」へ。
 
◎モーツァルト!

左上の画像が、このミュージカルのロゴマークです。主演の中川ヴォルフ、井上ヴォルフの両バージョンを観る予定。アンサンブルさんも、ほかのお芝居で観たことある人がたくさん出ているので、ぜひチェックしたいな。といっても、2002年の初演は記憶の彼方に行ってしまったので(そのころは特に観劇好きではなかった)、7月の舞台はストーリーを追うだけで精いっぱいかも。8月はプリンシパルの一部が入れ替わるので、また観にいくつもりです(行き過ぎ?)。
☆上と同じniftyシアターフォーラムでインタビュー発見! 
[PR]
# by redandblackextra | 2005-07-06 23:44 | 舞台にまつわる話
岡ファントム×吉岡クリスティーヌ
ミュージカル好きならおなじみ、岡幸二郎さんのアルバム『Love Collection』を聴いてます。一番リピートしているのは「オペラ座の怪人」。地下の部屋へクリスティーヌがファントムに導かれながら、二人で歌うあの曲です。

吉岡小鼓音クリスティーヌの低く落ち着いた声にぞくぞく。この色気は岡ファントムに勝っているかもしれません。可憐で美しいだけの歌姫ではなく 意志をしっかり持った女性像を感じさせます。

でも何かが足りない気が…。なぜだろう。歌い手に不満はないのに。

何度目かに聴いてやっと気がつきました。
曲の最後にクリスティーヌの声が高く高く響いていくところで、ファントムのこの声が入っていないのです。
「歌え、私のために!」
「歌え、エンジェル・オブ・ミュージック!」

ファントムがこうして触発することでクリスティーヌがより深く陶酔し、気を失うまでに心が高ぶっていく---------という情景を頭に描きながら、普段この曲を聴いていたので、ここは二人の掛け合いになっていないと何だかしっくりこないのです。それとも、ここでファントムの声を入れなかった意図が何かあるのかな?

追記:吉岡小鼓音さんは、ご存知の通り、かつて劇団四季でクリスティーヌを演じていました。そのころのファントムは市村正親さん、沢木順さん。ああ聴いてみたかったなあ…。当時はミュージカルのミュの字も知らずにすごしていました。
[PR]
# by redandblackextra | 2005-07-05 23:54 | 舞台にまつわる話
   

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧