>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 『エリザベート』(11) 一番わからないこと
実は根本的なところが分からないのですけどね…

最後、結ばれたかに見えるエリザベートとトート、抱き合って同じメロディーを歌いながら、全然違うこと言っているのは、どういうことなんでしょうか。

♪泣いた 笑った くじけ 求めた むなしい闘い 敗れた日もある
<ここから二重唱>
 それでも私(お前)は命ゆだねる …私(俺)だけにー


結局、エリザベートの命はどちらにゆだねられるのでしょう? よく分からないのですが、トート閣下の顔はうれしそうなんですよね。

ここで、二人の最初の出会いを思い出してみます。確かトートは「お前の命奪う代わりに 生きたお前に愛されたいんだ」(愛と死の輪舞)と言っていました。

あ、なるほど。

劇中、エリザベートがルキーニに刺されたあと「連れて行って闇のかなた遠く…」と死を受け入れたことが、「トートへの愛を示した瞬間」ということになっているのね。彼女が「自ら死を望んだ」ということは、トートにしてみれば「生きたお前に愛された」ことになるわけだから、彼の願望はこれで満たされるのでしょう。

目的を達成したら、望み通りすみやかに彼女の命を絶ちます。トートの愛はこれにておしまい。彼はあくまで「生きたお前に愛されたかった」のであって、「死後も黄泉の国で末永く一緒に暮らそう」とは思っていなかっただろうと、わたしは推測しています。

こう考えると、足掛け45年にわたって片思いを募らせたトート閣下が、エリザベートと心を通わすのは、彼女の死に際わずか一瞬だけということになるのか…。はかないのね。

でもエリザベートの立場で考えてみると、「死を望むこと」は本当に「トートへの愛」なのかなあ…。彼女は「自由な魂安らげる場所へ」行きたいわけで、「愛するだれかの元へ行きたい」とは言っていないものね。ここで言う「愛」とは、「憧れ」とか「思慕」に近いものでしょうか。

つまりトートとエリザベートは「一瞬だけ心を通わす」といっても、実はちょっとずつ違う感情を重ねていることになるのかな。ま、二人が満足してるならそれでいいか。俗世の人間のカップルだって、似たようなものかもしれません。

でも、こんな自己流の解釈だと、あんまりロマンチックじゃないですね…。
[PR]
by redandblackextra | 2005-09-13 23:59 | 舞台にまつわる話