>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> ピンが刺さっていないのは大問題
ミス・サイゴン、今日で3回目でした。

●ピンが刺さっていない話

私は声を大にして言いたい!
これらのシーンが、物足りなすぎるのですよ。

「見てビキニ、ぴちぴちサイズ!」
→しょっぱななんだから、声にパンチ出して「見て!」っていう強い押しをプリーズ!
「感じない!?この太もも」
→すいません、感じないんですわ、色気を… もちろん太ももそのものの問題じゃないよ。
「お尻も目がつぶれちゃう」「見せる、大事なところ」
→尻も大事なところも、見せてる様子がためらいがち。ぐっと腰使ってやらしく、プロの技を見せて。
「兵隊さんにゃ、もっと!」
→声が沈んでるよ。兵隊さんのことも観客のことも挑発しておくれ。

たったこれだけのシーンだけど、客をわくわくさせられないのは大問題。だって、ここの表現が中途半端だと、そのあとの「Movie in my mind」の哀しさが際立ってこないから。アンサンブル両方の組で見たけど、どっちもどっちだった。

レミゼでも工場長のズボンのあそこが見えてなかったり、そよ風吹いてもおったってなかったりするとすごく不満が募りましたが、それと同じ理由で、サイゴンでもDream Landの女たちにはしっかり弾けてほしいのです。

そんなわけで女番長のジジに期待したんだけど、今のところ、そそられるジジには出会えてない。今日観た菅谷さんはルックスが色っぽいけど、「あたいピンナップ、あんたのもの」の言い方に貫禄がなかったのが残念。とどめは「あそこにもピンを刺して♡」に、ねっとりしたお色気がなかったこと。まさか、「ピンを刺して」の意味わかんなくて歌ってるわけじゃないよね!?

いっそのこと、「エリザベート」のマダム・ヴォルフのもとで修行してきてほしいくらいだわ。「マダム・ヴォルフのコレクション」は、女からみてもぞくぞくさせられて目が釘付けになっちゃう。マダムヴォルフのほうは退廃的、サイゴンのDream Landはやけっぱち開けっぴろげ系と、セクシーさの種類は異なるけど、人間の一番生々しい欲望をさらしだすパワーは、本来同じのはず。

というわけで、次観るときまでにDream Landのお色気レベル大幅UPを強く希望。この場面でクリスが抱えている虚しさも、キムの絶望も、女たちがつくり出す享楽との対比があって初めて、観客の胸に訴える力を持つと思うんだよね。
[PR]
by redandblackextra | 2008-07-27 00:48 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧