>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> ゲキ×シネ『SHIROH』(2)  心情をたどりながら
(ゲキ×シネ『SHIROH』1回目の感想は こちら

なんでだろうね? 確かに1幕やや長すぎるとは思うのだけど、ゲキ×シネ2回目ともなるとどのシーンにも愛着がわいてきて困った。この作品を短くするのは、それこそ身を削るというか、断腸の思いだろうな。東宝ミュージカル、劇団☆新感線、ストレートプレイ畑と、違う才能が集まっていることで生まれるダイナミズムが魅力だから、どのシーンを削るのももったいなく思えてしまう。

1回目に観て圧倒されたのは「物語の疾走感」だけど、今日は登場人物の心情変化を丁寧に追ってみたくなった。

特にシロー(中川晃教さん)。最初は生きる意欲にあふれていたのに、終盤では錯乱して「まるちりだ、殉教だ!」と死に向かって走り出していく。心がいきなり正反対の方向にふれてしまうのはどうしてなのか。その軌跡を自分なりにたどることができて、よかった。

もう一人のSHIROH、益田四郎時貞(上川隆也さん)の場面でも、新たに考えさせられることがあった。彼が焦りのあまり、信念なき戦い(伊豆の守暗殺未遂)を始めたことと、舞台上のモニターでイラク戦争の映像が流れていた理由は、少しつながっているような気がした。

これにてゲキ×シネ『SHIROH』は見納め。数年後の再演を信じて、原作戯曲を読みながら待とう。
[PR]
by redandblackextra | 2005-09-07 01:56 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧