>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 『エリザベート』(3) 観る方も年を重ねるのです
(今日の日記)
銀座に用事があったついでに「もしかして今日は『ジキル&ハイド』の発売日では?」と思い出し、トコトコ歩いて日生劇場の様子を見に行ってみました。すでに午後をまわっていたので、朝は混みあっていたであろうチケット売り場に、お客さんの影はありません。「む、もう完売か?」と、おそるおそる係の人に尋ねてみたら、まだあるとのこと。休日のセンター席を買うことができました(列は、はるか後ろですが)。最近、チケット激戦大会に疲れていたので、簡単に手に入ってなんだか拍子ぬけ。でも気軽にチケットを買える環境は、大事ですわね。

(『エリザベート』初日の感想つづき ここから)
もしかしたら目の錯覚かもしれませんが、「精神病院」の場面でヴィンデュッシュ嬢に向かって、「あなたの方が自由…」と歌い終えた一路さん、目の端に涙が光っていなかったでしょうか。

このシーンを境にシシィがぐっと大人びた深い声になるので、いつもじっくり聴く曲なのですが、去年に増して歌詞が心に入り込んできました。
特に「戦いつづけて手に入れたものは何? 孤独だけよ」という言葉には、「ちょっと分かるかも…」と複雑なものを感じます。信念を貫いているはずなのに、それによって、いつしか望んでいなかった状況に陥ってしまう。生きることに真剣であるほど、そのジレンマは身を引き裂くようにつらいだろうなと、感じ入りました。

ま、観てる自分も年をとって、少しだけ人生経験が増えたということでしょうか。

「夜のボート」もしかり。去年は「長すぎる…」と思うこともあったのですが、おとといの初日舞台ではまったくそんなことなかったので、我ながらびっくり。しみじみひたっちゃうんですよね…。
[PR]
by redandblackextra | 2005-09-03 23:59 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧