>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> ゲキ×シネ『SHIROH』(1) 時間を忘れる疾走感
(作品紹介、あらすじは こちら

(感想)
3時間半の上映が、あっという間だった。
かなり前の方の席だったので、首がいたくなって集中できなかったらどうしようと心配したけど、椅子の背もたれが高くてクッション性もあるので、全然気にならなかった。
もちろん、疾走する物語に気持ちが乗せられてしまったから、というのが一番大きいのだけど。

ゲキ×シネ開幕に寄せて演出のいのうえひでのり氏が「発展途上中の未完成な作品だ」と語っているように、この帝劇初のオリジナルミュージカルは、荒削りな部分もままある。1幕は「いいんだけど、ちょっと長いかなあ」と劇場でも映画館でも思ったし、泉見洋平さん演じるゼンザが「こいつの歌があれば、俺たちは大丈夫なのさ!」と自慢げにシロー(中川晃教さん)を紹介するときは、「台詞がわざとらしいというか、無理があるような…」と歯がゆくなった。苦しむキリシタンの民衆から救い主とあがめられて戸惑う益田四郎時貞(上川隆也さん)を見てると、つい『ジーザス=クライスト・スーパースター』を連想してしまったり…。

それでも、2幕で四郎とシローが出会ってからの展開には、理屈なく心が持っていかれた。生きて自由を目指すのか、殉教して「はらいそ」へ行くのか、反乱軍を導く2人の気持ちも激しく揺れ動き、入れ替わっている。このめまぐるしさに舞台ではただ圧倒されるばかりだったけど、ゲキ×シネでは少し、彼らの迷いを想いはかりながら観ることができた気がした。表情をかなりアップで映していたり、映像を重ねていたり、アングルを変えたりと、作品のメッセージを効果的に引き出す編集の工夫がされているのだろう。

「シローには歌で人の心を動かす力がある」という設定は、いくつかの台詞のなかで語られているけど、正直、言葉で聞いてもピンとこない。シリアスな物語の中で浮いて聞こえてしまい、説得力がないのだ。だけどその後、シローの歌声に皆が踊りだし、歌い出し、気力がみなぎってくる様子には、すんなり納得できる。つまり、シローの歌の力に偽りがないことは芝居だけで十分伝わってくるということだ。だから、説明的な台詞はもう少し減らしてほしいな、と思う。

映像版でまず再確認したのは、高橋由美子さん演じる寿庵のはまりっぷり。低めのしっかりした声を活かした歌がいいし、黒髪がとても似合う。四郎が兵を挙げると決意したとき、即ひざをついて頭を下げ、従軍の誓いをりりしく述べていた所作がかっこよかった。見惚れた。

上川隆也さんの殺陣にも改めて目を見張った。勢いある刀と体の動きは、まさしく役者の職人芸。劇場では遠慮がちに聞こえた歌が、ゲキ×シネでは余裕すら感じられたのは、映像で気持ちがより強く伝わってきたからかな…。

ゲキ×シネならではの発見といえば、江守徹さんの松平伊豆守だ。アップでじっくり観ると、重量級の腹黒さがこちらにのしかかってくるかのようだった。歌がどうこうはともかく、あの凄みを出せる人は、いまミュージカル界ではちょっと思いつかない。笑わせる場面より、煙草をゆっくり吸いながら策をめぐらせている冷たい姿がよかった。幕府を裏切ったお蜜を自ら手にかけ、「俺に女を斬らせた…」と言ったときの空気が、いまも印象に残っている。

大音響なので、アンサンブルの幾重にも重なったコーラスが迫力あった。これは一人ひとりの能力もさることながら、群集の躍動感を表現している音楽の力が大きく影響している気がする。「ロック・ミュージカル」と呼ばれるものは『RENT』と『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を今までに観たけれど、人を奮い立たせる力でいえば、この『SHIROH』の曲が一番かなと個人的には思う。

9月にもう1回みるぞー。そして舞台版再演も、かなり強く希望してます。
[PR]
by redandblackextra | 2005-08-28 00:00 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧