>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 神奈川フィル 「ミュージカル GREATEST HITS 2007」
e0019727_15156.jpg
年が明けて初めての舞台鑑賞でございます。エグゼリーノ岡さんと鈴木ほのかさんが、オーケストラをバックにミュージカルの有名な曲を歌うという企画です。といっても、オケ演奏だけ(歌なし)の曲もあったので、実際に歌ったのは全10曲中6曲でした。

いいのもいまいちなのもありましたが、ラストに「オペラ座の怪人」から2曲もってこられて、やられたね。岡さんの「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」は、この世のものとは思えない力があるというか。闇の中から甘く妖しくひたひたと誘惑する歌声に、聴く者の心はいつのまにかからめとられてしまいます。なんて罪深い。マイケル・クロフォードが歌っているロンドン版の「オペラ座」CDを聴きながら今これを書いているのですが、わたしは岡さんの声のほうが好み。世界で通用する「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」だと思うわ。ひいき目かしら…。

ほんとのところは、レミゼの歌を目当てに出かけたんだけど、今日ばかりはオペラ座に持っていかれてしまいました。「明日、海劇場にオペラ座観に行こう!」と思わずにはいられなかったほどです(無理なんだけどね)。

==============================
<曲目>
前半
●1 ザッツエンタテイメント(バンド・ワゴン)…演奏のみ
●2 マリア、トゥナイト(ウエストサイドストーリー)…岡トニー、鈴木マリア
  去年のコンサートでも歌ってた。うっとり陶酔系の歌に、岡さんの甘く艶のある声はぴったり。
●3 76トロンボーン (ザ・ミュージックマン)…演奏のみ
  タナボタで今井さんが歌ったので覚えてました。
●4 メモリー(キャッツ)…鈴木グリザベラ 
  目頭熱くなっちゃった。鈴木ほのかさんの声って、たとえば新妻嬢のようにパンチがあったり、すこーんと抜けるように力強かったりするわけじゃないんだけど、心にしっとりしみいってくる。歌そのものというより、そこにこめられた芝居心に気持ちが揺さぶられるのです。
●5 One、Hope I get it、 At the ballet (コーラスライン)…演奏のみ
  オケだけでも確かにいい曲だけど、本音を言えば、歌がなくてつまんなかったよ。特に「One」は、夢に向かって頑張る力がみなぎってくるような歌詞だけに、ぜひ聴かせてほしかった。タナボタでは泣きそうになったもんなあ。
●6 サウンドオブミュージックより
  サウンドオブミュージック、ひとりぼっちの羊飼い(以上演奏のみ)、私のお気に入り(鈴木マリア)、 もうすぐ17歳(演奏のみ)、マリア(演奏のみ)、すべての山に登れ(岡修道院長←だっけ?)

後半
●7 Everything coming up Roses (ジプシー)…演奏のみ
  これも2005年のタナボタで岡さん歌いましたね。あのときのすてきな衣装(ここの一番下、左端の写真だと思う)思い出しました。「あなたはきっと成功する。ママにはそれがわかるわ」というような歌詞だった記憶が。
●8 I have dreamed (王様と私)…岡さんと鈴木さん ←役の名前分からず
●9 スターズ、夢破れて (レ・ミゼラブル)…いわずとしれた岡ジャベと鈴木ファンテ
  岡さんのスターズ、マイクのせいで声が反響しすぎ。帝劇B席で聴いたほうがよっぽどクリアです。残念。でもパリのスラム街のセットを思い浮かべながら聴いてみたら、レミゼ恋しくなってきちゃった。鈴木ファンテは力みすぎず、でも何か悟りきったような芯の強さがある。役を経験してるからこその深みのある歌でした。
●10 Overture, The music of the night, All I ask of you (オペラ座の怪人)…岡ファントム&ラウル、鈴木クリスティーヌ 
  レミゼはそうでもないのですが、オペラ座は本物のオーケストラで聴くと曲のドラマ性が断然際立ってきて、ぞくぞくします。オケにオルガン入ってたけど、ホール内のパイプオルガン使ってくれたらもっと迫力出ただろうに。「All I ask of you」は四季版の歌詞とは違ってたけど、二人のきずなは十分伝わってきました。

●アンコール 42nd Street (42nd Street)…岡さんと鈴木さん ←役の名前分からず
==============================

そういえば、公式ページの案内では「ミス・サイゴン」も演奏するようなこと書いてあったのに、実際にはありませんでした。「世界が終わる夜のように」とか期待してたんだけどな。

「神奈川フィル」といっても、会場はミューザ川崎なので、都内からでもらくらく行けました。品川からJRで10~15分くらいだもんね。川崎駅に直結したこのホール、きれいで好きです。昔、レミコンやったこともあるはず。
[PR]
by redandblackextra | 2007-01-08 01:52 | 舞台にまつわる話