>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 「嫁いびりもロイヤル」 (by假屋崎氏)
夜10時からTBSでドロドロドラマ「女系家族」を観ようかと思ってテレビをつけたのですが、やっぱりNHKの「ニュース10」に変えてしまいました。だっていまや、現実の政治のほうがドロドロしていて面白いんだもの。

でも、これで投票率が低かったら、今度こそ笑われるのは自分たちなんだわ。投票日の9月11日は『エリザベート』観に行く前に、清き一票を忘れないようにしなくっちゃ…。でも、私は当日券ねらい組。やたら早起きな日曜日になりそうだなー。

前説はこれくらいにして、エリザの話でございます。
今日、本屋で立ち読みをしてたら『Colorful』という女性誌のカルチャー情報コーナーで、中井美穂さんと假屋崎省吾さんが9月の『エリザベート』について語っていました。

假屋崎さんはエリザベート自身に関心があるけど、舞台は未見らしい。中井さんが「退廃的な感じもあって素敵なんですよ。ルドルフなんかトリプルキャストなんですよ」と一生懸命お勧めしているのですが、假屋崎さんの興味は「ところで、エリザベートがいじめられるところは出てくるの?」ということ。「出てきますよ。品を失わずにいじめるというのが難しいんですよ」と中井さんが力説すると、「まあ、嫁いびりもロイヤルな世界というわけね」と假屋崎さんの期待度がアップした様子でした☆ これは本当に、帝劇に假屋崎さんが現れるかもしれないな。ちょっと見てみたいかも。

というか、彼の感想はぜひ聞いてみたい。美しさ、すなわち自分の生き方にただならぬこだわりを持つ人は、シシィのように毎日が戦いなのかもしれないから。假屋崎さんは、トートみたいな存在をどう思うかしら?

そういえば、トート閣下の縦ロールがかかった髪型に憧れているとも書いてあった。同じく縦ロールかけてる某ジャベールとは趣味が合うかしらねぇ。
[PR]
by redandblackextra | 2005-08-12 00:31 | 舞台にまつわる話