>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> タナボタ企画「Nothing But Musicals Gorgeous」 プロの舞台でございます
うふ、たのしかった!
どギツく素敵な衣装(コスプレ)、日本ミュージカル界トップクラスの歌唱力、観客に媚びることなくショービジネスへの愛にこだわった選曲。お遊び要素と真面目要素の絶妙なブレンド具合が、タナボタをここまで面白くしてるんだろうね。出演者自身が楽しんでいて、かつ仕上がりの水準に妥協がない。大人の職人仕事だよなー。ええもん見せてもらいました。

知らない曲もいっぱいあったのに、あっという間に時間が経っちゃった。全体的にとっても良かったんだけど、特に印象深かったものを挙げてみると…

◎歌唱部門

・A Heart Full of Love (岡さん、れなちゃん、シルビアさん)
岡マリウスの「ああ君の名前も知らない」で、心は一気に帝劇へ飛んだよ。れなちゃんコゼットのファルセットもきれいで、いまレミ観てるのかと錯覚しそうでした。

・All I ask of you (reprise) (今井ファントム)
打ちひしがれる悲しい声と、復讐を誓う恐ろしい太い声とのギャップ、迫力だったなあ。しかし、四季にいた当時はファントムを1年間ひとりでやってたって本当のことなの? すごーい…

・All That Jazz (シルビアヴェルマ)
女が惚れる女。シルビア姐さん、かっこいいっす。「Cabaret」の妖しい魅力にもやられました。セクシーで凛々しいミュージカル女優といえば、いま彼女に並ぶ人はいないのでは?

・Once Before I Go (たぶん岡さんが歌った曲)
最後のほうで岡さんが一人で歌った渋い曲に聴き入ってしまったのだけど、題名これで合ってるかな? 声と詞にひかれてしまいました。知ってる曲を歌ってもらうのもいいけど、こういう新しい発見もうれしいもんだわ。

書き出すと長くなっちゃうなー。
「衣装部門 そのほか」はまた明日。
[PR]
by redandblackextra | 2006-09-04 01:32 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧