>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』衣装展を開催
先日の記事でヘドウィグのことを書いたと思ったら、こんなうれしいお知らせが。
6月にパルコ劇場で再演された『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の衣装展があるそうです。詳細はこちら

この舞台では、衣装こそヘドウィグの心そのもの。
自分の観劇記を読み返したら、やっぱりそのあたりに力を入れて書いてました。

衣装をじっくり見るためにオペラグラスも持っていったのだけど、せまいパルコ劇場では使ってる人があまりいなかったので気が引けて、結局細部は良く観察できなかったのです。今回はいい企画をありがとう、パルコさん。

会場は、実際に衣装を担当したデザイナーさんのアトリエのようです。駅からちょっと遠そうだけど、少しは涼しくなる夜なら歩けそうかな。
それにspecialアイテムを販売するってなんだろう? ぜひ写真集を出してほしいけどな! 熱望。

おまけ:
衣装といえば、去年の『ミス・サイゴン』では帝劇ロビーにいろいろ並べてありました。G.I.の防弾チョッキを着てみて、重さにびっくりしたっけな。
オペラグラスで舞台を観て気がついたのは、「サンアンドムーン」のリプライズでキムが着替えるとき、頭にかけてたショールの刺繍。金色の花柄(たぶん)が繊細できれいだったなぁ。
[PR]
by redandblackextra | 2005-08-04 23:53 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧