>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 岡幸二郎コンサート 「LOVE COLLECTION」
岡幸二郎さん初のCD発売を記念した、一夜限りのコンサート。CDから10曲、収録していない歌も2曲、披露してくれました。

声はもう何も心配なし。5月の『レ・ミゼラブル』で不調に陥ったのを乗り越え、6月のタナボタ公演でつやが戻り、今日の歌い上げ系ナンバー「Anthem(ミュージカル『チェス』)」「This Is The Moment(同『ジキルとハイド』)」では、圧倒的な声量で高音を響かせておりました。コンサートのスタッフには、「体内にアンプが入っているみたい」と驚かれたとか。

そういうわけですので、「スターズ(『レ・ミゼラブル』)」は言わずもがな…。イントロとともに、空気が変わりました。CDではやや控えめに聞こえたこの曲ですが、今日は舞台とほぼ同じ迫力。「この星に誓う 俺はーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」も、帝劇全体を包み込むあの声そのままです。聴きながら頭の中は真っ白になり、身体が宙に浮いているような感覚に。ジャベールも、こんなに役者に愛されれば、うれしかろうな。

静かな歌で印象に残ったのは、オリジナル作品「小鳩のように」。岡さんいわく「韓流な感じにしてほしいと頼んだら、本当にそんな曲ができあがってきた」とのこと。確かに、ひと昔前のどろっとした不幸系ドラマに合いそうだわ。これくらい濃ゆい歌の方が、彼の甘くつやのある声にはなじむような気がします(素人感想ですが)。

中島美嘉や尾崎豊のカバー曲もしっとり聴かせてくれましたが、「歌手じゃないんで難しいです。ミュージカルの歌なら、役になっているので歌いやすいんですが」と言ってました。ふぅん、意外…。でもそれだけ、「ミュージカル俳優」という専門分野を大事にしているということなのでしょう。

ただ、コンサートという場でどう空気を作り出せばいいのか迷っている感もありました。間をもてあましているというか…。次があるなら、一転してショー仕立てにしても楽しそうかも。ショーの名前はぜひ「薔薇図鑑」でね(岡さんのDVD写真集の章タイトルは、薔薇図鑑と首っ引きになって自分で考えたそうな)。
[PR]
by redandblackextra | 2005-07-31 23:57 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧