>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 宝塚に団体客わんさか
4月のレミゼ以来、日生劇場にほぼ毎週足を運ぶようになったのをきっかけに、同じビル1階にあるこのカフェもよく使うようになりました。

今の季節は、オープンテラスの席が気持ちいい。昼間から軽く飲めるのもまたよろしい!

先日の昼下がりも、テラス席でグラスを傾けておりました。そしたら、わたしたちのテーブルのすぐ脇をずかずかと通っていく行列が。ちょっとー、こっちは食事してるんですけどね。オープンカフェの客をじろじろ見るもんじゃないですわよ。

一人や二人なら「しょうがないな、もう」で済んだのですが、人の波はなかなか途切れません。何かしらと思って人々の来る方を観たら、道路に駐車中の観光バスからツアー客が吐き出されているのでした。みんな、宝塚劇場のほうへぞろぞろ向かっていきます。

どうやら、「ベルばら」観劇ツアーご一行様の様子。あとでバスのフロントガラスに掛けられた札を見たら、やはりそう書いてありました。すごかったのはバスの台数。大型の観光バスで、5台以上はあったのでは?(数えたわけじゃないんだけど)

書き入れ時のGWにこれだけたくさんの団体客が入っているなら、そりゃわたしにチケットが回ってこないわけだわ…なんてひがんでみたりして。あ、こういうのを「負け犬の遠吠え」というのか。
[PR]
by redandblackextra | 2006-05-06 23:51 | 舞台にまつわる話