>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 『エリザベート』お祭りです
レミゼのときは日生劇場のステージの狭さがそんなに気にならなかったのですが、エリザだと違うね。冒頭、棺桶から登場人物がのそのそ起きだしてくるところなんか、奥のほうにいる少年ルドルフまでよーく見えたもの。帝劇だと、2階席じゃないと見えにくかったと思います。

山口さんはすっかりトートになってるわ… と思ったら、少しバルジャンが重なる部分もあり。「愛と死の輪舞」で「♪ 今こそ黄泉の世界へ迎えよ~う」でシシィに向ける眼差し、コゼットを見守る優しいパパみたい。ま、それも愛か。ここ、内野トートははっとするように目を見開いて「しまった! 惚れてもうた!」と、はっきり表情に出してました。いつもオペラグラスでチェックしてたっけ…。

「最後のダンス」は迫力大サービスでございました。去年の山口さん楽に次いで聴き応えあったかな、わたしの中では。

そうまフランツは、もうジャベールの面影なんかまったくなく、見事な「♪ マザコン皇帝」っぷりに惚れ惚れ。「夜のボート」でひたすら気持ちを訴え続ける様子は、引き付けられますな…。あれだけ想いを寄せられて、わたしだったらフランツの立場になびいてしまう気もしますが、それでも「無理よ」と離れていくのがシシィの特別たるゆえんなのでしょう。

舞台のスペースの都合なのか、ちょこちょこ変更になっているところもありました。「♪ サーカスごっこができるぅ~」の振り、バートイシュルの自然を表すセット(最初、冗談かと思っちゃった)、「ミルク」でルキーニと民衆が登場する位置、などなど。

でも全般的には大きく変わったところはないのかな。一路シシィ、最初はあまり声が出ていなくてはらはらしましたが、さすがに「私だけに」からはきっちり歌い上げてくれました。

カーテンコールは、今日初日を迎えた山口さんへの掛け声が止まなかった。客席は、まるでお祭りのような熱狂ぶりでした。
[PR]
by redandblackextra | 2006-05-04 17:52 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧