>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 坂本真綾さんの強く繊細な感性
『レ・ミゼラブル』にエポニーヌ役で出演していた坂本真綾さん。彼女の千秋楽公演では、演技もカーテンコールのあいさつも、心の奥をぎゅっとつかまれるような思いがしました。わたしがエポニーヌに希望と強さを感じるようになったのは、なにをかくそう、坂本さんの演技がきっかけなのです。

彼女の公式サイトを見つけてなにげなく読んでいたら、「千秋楽」と題するエッセイがありました。「(カーテンコールで)本当はこんなことが言いたかったのです」ということが丁寧につづられています。

レミゼのプログラムにある一言メッセージでもそうなのですが、大切なことを簡潔に表現できる人だなと思います。シンプルな文章の中に、ものごとの核心をとらえた鋭い観察眼が光ります。1999年から不定期に掲載されているこのエッセイ、思わずバックナンバーをほとんど読んでしまったのですが、歳を重ねるに従って、強く繊細な感性に磨きがかかっていくのが分かります。

特に最近のものは「素人の書くレベルではないな、これは」と思ったのですが、なるほどその通り。エッセイ集も出していたんですね。女優、声優、歌手と広いジャンルで活躍する坂本さんですが、文章の才能にも長けていたとは。書くことは楽ではないかもしれませんが、ぜひ続けていってほしいものです。
[PR]
by redandblackextra | 2006-04-30 01:20 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧