>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 買っちゃった♪ 『風間杜夫ひとり芝居』
『LAST SHOW』を観たパルコ劇場でもらってきたチラシの束を眺めていたら、な、なんと、8月に風間杜夫さんのひとり芝居三部作が上演されるというお知らせがあるのを発見。もう、それを見つけたときから気分が高揚してそわそわしっぱなしです。チケット買うのが間に合って良かった…。良席とはいいがたい席しか選べなかったけど、観られるだけでありがたいわ。

今回は三部構成で、一部「カラオケマン」、二部「旅の空」、三部「一人」と分かれていますが、 うち三部の「一人」が新作だそうです。登場人物はいずれも、ごくありふれたサラリーマンのおじさん。取り立ててカッコいい男というわけでもありません。でも、好きなんです。
(7/20追記)三部の「一人」は、去年も上演されています。

初めてこのお芝居を知ったのは、NHKで偶然「カラオケマン」と「旅の空」の舞台中継を観たときのこと。風間さん演じる中年男の、可笑しくってちょっと哀しい気持ちが画面に満ち満ちていて、一度で忘れられなくなってしまいました。舞台には一人しかいないのに、周りの人まで見えてくるような、風間さんの熱気こもった演技。この作品を愛してるんだなあと、ひしひし伝わってきます。

あれから1年くらい経ったかな? まさか実際の舞台を観る機会に恵まれるとは思いもよりませんでした。

作品紹介は こちら
公演スケジュールは こちら (スクロールしてこの公演の表示を探してください)

上のリンク先には書いてありませんが、チケットはぴあでも扱っています。
(別にどこの回し者でもないのですが…)
ほんと、今から楽しみだー。
[PR]
by redandblackextra | 2005-07-14 23:58 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧