>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 『椅子の上の猫』 迷っているなら観に行こう!
(あらすじ)
公式ページから「演目紹介」をどうぞ。

(感想ここから)

いろいろ書きたいのですが、ぜひとも予備知識のないまま観に行って、「あっ!」「ええっ!?」「こんなのあり?!」 などと驚いていただきたいので、差し支えのない範囲で。

原作で主人公が抱えている寂寞とした心の風景は、舞台だと今ひとつ描ききれていないように感じられました。また、結末を知った上で観に行ったので、物語のあちこちにある伏線が分かりやすすぎはしないかと気になりました。

でも原作にはない、劇場版オリジナルの登場人物が、それを補って余りある演技を見せてくれたので、結果的にはとても良い思い出が残りました。迷っているなら、一度は観ても損はないと思います。自分がそうだったからね。

ゲイショーのシーンは期待に違わない盛り上がりだったのですが、あえて詳しく書きません…。お楽しみ。

それ以外でも、キャスト個人の技量が素晴らしかった。
ゲイバーのママ役の川﨑麻世さん、身体にフィットしたタンクトップとぴちぴち革パンツ(たぶん)のボディラインに見入ってしまいました。原作で、主人公の類子がうっとり見とれたプロポーションそのまま。女声と男声の使い分けにどきどきさせられます。

大浦みずきさん演じる「百合」の存在が、物語をきゅっと引き締めていました。原作では話の筋にからんでこない人物なのですが、とてもいいキャラクターにつくってあった。彼女のおかげで、この作品が「大人の舞台」に仕上がっています。

ゲイバー「マダムG」で一番モテる「愛ちゃん」役の今拓哉さん。2幕は特にかわいい! 可憐! 「もうすぐジャベールを演じる私が、何とこんなことをしちゃいました。すごいでしょう」というような押しつけがましさがなく、「愛ちゃん」のキャラクターになりきっている真面目さが、いい結果を生んでいる感じがします。

彼(女)が存分に光っていたのは、同じ店の仲間「マッキー」(深沢敦さん)、「リリー」(野添義弘さん)が脇をがっちり固めていたからでしょう。二人が笑いで客席を温める力量、大いに伝わってきました。

東京公演はすでに終了。全国ツアー、盛り上がってくれるといな。
[PR]
by redandblackextra | 2005-11-15 00:31 | 舞台にまつわる話

観劇と読書が好き。いや、ほかにもあるかな。当面の間は、ぼちぼちマイペースで更新します。
by redandblackextra
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧