>
レミゼ日記はこちら
■RED AND BLACK ■ レ・ミゼラブル2007日記

2005年7月4日までの日記はこちら
■RED AND BLACK extra■ 舞台と本の日記
> 最新のトラックバック
噫無情  黒岩涙香
from プロフェッショナルなアーチス..
土曜ドラマ・人生はフルコ..
from 日々雑用
トリッパ
from Kanon's Journe..
料理一筋も悪くない……土..
from Dolphin Kick 2..
#630 土曜ドラマ
from おおなかこなか
日本の「億万長者」は14..
from 失敗しない中小企業の新規事業..
劇団☆新感線「メタルマク..
from ヤマトタケルの夢―市川猿之助..
06/05/01 2回も..
from ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
■〔映画雑談Vol.20..
from 太陽がくれた季節
米原万理さん 逝去
from 王様の耳はロバの耳
> 検索
> 『エリザベート』(18) フランツとグリュンネのひそひそ話
「幸運なオーストリーは、結婚できずなを結ぶのです!」とゾフィーが唱える傍らで、フランツとグリュンネ伯爵がひそひそ耳打ちしているときがあるけど、何を話しているのかな? と、前に書きました

その内容は、どうやら他愛ないものだったみたい。グリュンネ伯爵ご本人が明かしてくださってます(興味ある方は、HPを探してみてください)。

ちなみに、自分が予想した会話内容は、まったくの外れでした。
あれから実際の舞台で何度か注目してみたのですが、最初に耳打ちするのはグリュンネではなく、フランツ。しかもこのやりとりは、綜馬フランツ限定のようです。
[PR]
by redandblackextra | 2005-09-26 01:50 | 舞台にまつわる話